サングラスの選び方

サングラスの選び方は、紫外線がポイント?

サングラス選び方にはさまざまなものがあります。
目に優しいサングラスを選ぶためにもサングラス選び方はこだわりたいものですよね。

 

普段日差しが強いときにだけサングラスをかけるという方が多いと思います。
ですが、実は紫外線は日差しの強い日だけではなく曇りの日や、雨の日も紫外線はわたしたちに降り注いでいるのです。
目の健康を気遣うためにも、目に優しいサングラスを選んでみましょう。

 

サングラス選び方でのポイントですが、まずは紫外線透過率に注目です。
サングラスは紫外線をカットする役割があるのですが、それぞれのサングラスで紫外線透過率が異なってきます。
市販されているサングラスで紫外線透過率がきちんと表示されているものは、できるだけ透過率の値が低いものを選びましょう。
0.1以下になると良いですね。

 

問題は、サングラス選び方でファッションサングラスを選んでいくという方が多いのですがファッショングラスのほとんどは紫外線カットできない素材を使用しています。
これは、あまり紫外線カットすることができないので目の健康にはあまり良くないのです。

 

また、UVカットと表示されているサングラスですが一体どの程度の紫外線がカットできているのか分かりません。
そのため、具体的な数字が表示されているサングラスを選ぶようにしましょう。

 

サングラス選び方にはまだまだあります。
サングラスといえば、レンズに色がついているものと思う方も多いと思います。
この色が濃いほど紫外線をカットできそうですが、実はそんなことはないのです。
色の付いているサングラスは、可視光線を減光するメリットがあります。
つまり、眩しさを減らすことができるというものです。

 

問題の紫外線ですが、無色のレンズでも紫外線透過率が低ければ紫外線をカットすることができますよ。
また、サングラス選び方としてサングラスのデザインですがこのデザインもいろいろあるので迷ってしまいますね。

 

サングラスは、できるだけレンズが大きく、目やまぶたを覆うものを選びましょう。
紫外線は意外とどこからでも入ってくるものです。
サングラスの上下やサングラスのサイドの隙間など。
できれば、顔との隙間の少ないものを選ぶようにしましょう。
ベストは、側面にカーブが付いているものや、幅の広いフレームがついているものですね。
いろんなデザインのサングラスが販売されているので、ぜひいろいろチェックしてみてください。

 

アウトドアや、ドライブをするときに重宝するサングラスですが、少しくらい色のレンズを選ぶとコンクリートや芝生などの眩しさを抑えることができますよ。

 

サングラス選び方は、メガネ屋さんやインターネットなどを利用すると簡単に調べることができるのでぜひこの機会に自分にピッタリなサングラスを選んでみてはいかがでしょうか。